忍者ブログ
ハタチを過ぎた今になって突発的に堂本光一にハマってしまった茶倶楽(さくら)の戸惑いブログ。 若葉マークの王子ファン! もちろんKinKiKidsと剛くんも好き♪
[151]  [150]  [149]  [148]  [147]  [146]  [145]  [144]  [143]  [142]  [141
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

風邪がぶり返して再びダウン(;>д<)
しかも妹(受験生)にうつしてやったぜ。
へへ。
熱とか鼻じゃなくて下痢と嘔吐だぜ。
つらかったぜ。


ところで、最近つくづく自分が遅筆だと思う。

ただの日記ならいいのだが、感想もしくはメールの返信になると

大体以下のような手順を踏まないと書けない。

 

言いたい事を箇条書きにする

②それに沿って文章を書きまくる

③テンション上がる ←問題点

④出来上がった文章を見て「痛。」と思う

⑤痛い部分を削除

⑥削除したため繋がらなくなった文章を繋げる

⑦テンション上がる ←問題点

⑧④~⑦を何度か繰り返す

⑨文章超長くなる

⑩余計な部分を削除

⑪削除したため繋がらなくなった文章を繋げる

⑫⑩~⑪を何度か繰り返す

⑬推敲に飽きたあたりで完成

 

全ての手順がテンションを少しずつ下げるための作業とも言える。

今日のもそんな感じで書いたからそのつもりで読んでくれ。

 






 

本題はココからなのだが、リンクに

ちえさま
Rainbow


を追加させていただきました!


 KinKi(剛くんより) 他、ちえさまのFavoriteアーティストが中心のブログです。


私がちえさまとお知り合いになったのも、思い出すたびどきどきのきっかけがありまして。

以前私、ブログの記事で
「『艶姿!ナニワの光三郎七変化!』が・・・」
というのを書いたんです。

偶然知ってしまった10年も前の二時間ドラマ、「ナニワの光三郎」が見たくて仕方ない、と。

そのときは見たい見たいと連呼していたのですが、相当前の記事だし、
もう埋もれてるよなぁくらいに思ってたんです。

結構探したんですが、もう半ば諦めていたんです。







そしたら!






なんと!





それを偶然読んでくださったちえさまが、

「DVDを送れます」

というメールを下さったのです!!(ノД`)アアアア



はい、

テンパりました!



あまりの

身に余る光栄に。(゜ノ皿`)。




でもそこは、二つ返事でお願いして、遠路はるばる送っていただきました
『艶姿!ナニワの光三郎七変化!』



わざわざお声をかけていただいて、本当に心からのご好意。
そのご好意にすっかりお世話になり、
いただいて以来見まくってます「光三郎」。

もう、嬉しすぎてどうお礼を申し上げたものか・・・。
ちえさま、ほんとうにありがとうございます。



今日はちえさまに許可をいただいて、
『光三郎』の感想を。

最近までの私と同様、知らない人がほとんどでしょうけど・・。





・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・




●あらすじ

旅回りの大衆演劇一座、『浪花屋光三郎劇団』は表向き劇団として活動する側ら、
恨みを持つ人に代わって法の裁けない敵を討つ『闇の仕置き人』としての仕事もしている。
そこに、恋人を上司に殺された女性からの依頼が入る。





かんそ。


28歳の今も美「少年」の雰囲気が抜けきらない光ちゃんですが、

10年前、『艶姿!』当時は花も恥じらう正真正銘の18歳。



その容姿の麗しさといったら、妖しいまでの繊細さといったら、

耽美主義世界の美少年です。


いや、まじで。

 




線が細い!

今も細いけど、10
年前はもっともっと細い。

むしろ線、無い。

そのまま空気に溶けてゆきそうな感じ。

 


今よりちょっとだけ輪郭が丸くて柔らかい、あの少年ぽい面差しが

初々しいというか瑞々しいというか…。

 


青い果実。

 


て感じ。

あいたたた。←自分

 


男の子の顔って、18歳やそこらじゃまだまだ未完成なのよね。

そんな不完全さが瑞々しい透明感。 




口唇は今よりさらにふんわりぷりぷりしてて、

目は今よりもくるんと大きくて、


瞳は今に輪をかけてうるうるの黒目がちで、


鼻筋は今も昔もノーブルに美しくて、


全体的に男っぽい雰囲気はまだまだ希薄で、

今にも増して細いのに骨っぽい感じが全然無くて、

 






と に か く 、

 




美しかわゆい。

 



とびっっきり美しいのに堪らなくかわゆ~~~いのだ。

 



あれは紛れも無くプリンスだわね~。

 

白いブラウスでも着せたら白馬や従者が飛んできそうな堂に入った王子様っぷり。

今も王子様だけど、あのころの『王子っぽさ』はまた違う。

 

あのころは「ただただ繊細に麗しい箱入り王子様」の雰囲気。

(たぶん雰囲気だけ。光ちゃんはあのころから光ちゃんだったに違いない。)

 

今は姫の一人や二人や三人や四人助けに行けそうな仕事人王子になりました。

 


 

しかも、「艶姿!」の光ちゃんは、『大衆演劇一座の座長』という役柄のために

普段は見られない衣装を色々披露してくれます。

タイトルも「七変化!」というくらいだし。

(でも数えたら五変化くらいだった。)

 
多分製作側の意図する一番の見所は、

ばっちり白塗りのお化粧で光ちゃんが舞う、女形姿だろう。


確かに、とってもキレイキレイ。


今より華奢だし、線も丸いし、無理なくバッチリハマってる。

 





でもね、やっぱり私、特別女装萌えじゃないのよね。





こんなにキレイな男の子いないよなぁ、本当にこういう格好無理なく似合うよなぁ、

あー、可愛いなぁ、目の保養だなぁ、女やってんのイヤんなるよなぁ、とは思うのだが。(十分だろ)

 
我々が今まで見せ付けられてきた堂本光一の底力はそんなもんじゃないのよ。

「あぁ、可愛いなぁ」ってきゅんとするのなんて、度合いとしては序の口なのよ。

 




そんな期待過剰の私のツボをがっっつり突いたのは、

髪をきりっと若衆髷に結い上げた岡引き(かな?)衣装。

 







こ れ が も う 



かわいーーーーの!!!

 

本当に本当にかわいいぃぃぃいいぃいの!!!


 






顔は白塗りで、眉を太く濃~く書いてて、目尻がきりっと紅くて、


きっっちり目張りしてあるせいで黒目がちの目が余計に黒目がちで、



そんなに黒くていいのかってくらい黒目がちで、



白目は何処だってくらい黒目がちで、














あぁもうどうしよう!!(;´皿`)
ってくらい可愛いの~~~!!!!!

 






可愛いくせに、

そんなに可愛いくせに、


白い肌のせいで、あのぷっくりした口唇がくっっきりと朱色で、


凄絶にエロい。

(結局それか)

 



艶っぽい中に無造作に混じった幼さのアンバランスがもうもう堪らんのよ。


きりっと凛々しい中に壮絶にエロいのよ。

今の自分より年下の光ちゃんがとっても大好物なのよ。

 



ぱっつんにそろえて、生え際が見えるように膨らませて分けた前髪が時代物好きにはたまらない。

腰から下げた煙管が時代物好きにはたまらない。

 たくし上げた裾が時代のも好きにはたまらない。

着物の下に付けてる黒の胸当てが時代物好きにはたまらない。


しかも楽屋のシーンで光ちゃん、浴衣から両腕を抜いてそれを腰に纏わらせたまま、(←重要)
前髪をクリップで留めて、その黒い胸当て一枚で化粧してんの。

胸あてだからもちろん背中は丸出しで、紐で十字に襷がけしてあるだけ。
動くと胸当ての脇から乳首がチラリズム。




やべーーー!!!


イイ。

ココ死ぬほどリピートしたわ。




普通に何回か浴衣も着てるんだけどさ、簡単に合わせた合わせからさ、

鳩尾までちらっと見えてさ。

エロかわ~(*´∀`*)








 

光ちゃんが堪らんことに終始する「ナニワの光三郎」。


台詞もなんだかめためた可愛い。


 

●『おれのしおきはけっこうきついで。』

 





超ひらがな読み。






可愛い~!!


イントネーションが

きついで

↑↓↓→


なのも関東弁ユーザの私には堪らない。


お仕置きされたいって言うよりむしろしたい。

 





●『ころしたるよ。おれらなりのやりかたで。』

 


にこっと微笑いながら言うこの

「ころしたるよ」


がもう身悶えるほど可愛いのだ。

もう殺してって言うか殺される。

 

キツめの台詞なハズなのに、

あの可愛いお口から出るとそのアンバランスな感じが壮絶にキュート。

 
「ころしたるよ。」

可愛い。ハァハァ。可愛い。





●『ええからたのむわ。』

 



あ゛―――、可愛い!可愛い!!!


ちょっと切羽詰った横顔が本当に可愛い!!


ちょっとマニアックだが、ココの必死顔が全編中一番そそるシーンだと思う。

(ちなみにこのシーンは例の若衆衣装。)

 

こっちが「おい、ちょっと、頼むわ…」って感じになる。

前屈みだ、前屈み。

 







何よりすごいのが光ちゃん、10年前と今とを比べても全然老けてないの。

並大抵の男だったら、18歳→28歳までの10年の間に救いがたいほど劣化し、損失するわけだよ。
18歳→28歳までの10年て、存在の全てをフォローしていた『若さ』というものが失われることによって、
一生のうちで最も自分自身という存在が損なわれる10年間だと思うわけよ。

特に男の子の持つ透明感とか瑞々しさって、女のそれとは違って
ものすごく「自然に」「無意識に」損なわれていってしまうと思うの。
(逆を言えば女の瑞々しさは自らの怠惰によって損なわれる気がするけど。)

社会で生活している10年のうちに、少しずつ確実に。

でも、その『10年』を経た今でも、光ちゃんという存在と、
その存在を最も有意義なものとする美しさは少しも損なわれていないのだ。

「瑞々しさ」で言えば、やっぱり10年前の不完全な感じのほうが色濃いとおもうけど、
今はその不均一な感じが削げ落ちたことで逆にぴりっと美しくなった感じ。

どんな時も『今』が一番美しい、そんな「28歳」の光ちゃんの魅力さえも再発見できますv




 

内容も変に説教臭くなくて、教訓ぽくなくて、


悪は討たれる!正義は勝つ!
主人公は美少年!サービスカットあり!

それだけじゃもの足りないからほんのり恋愛風味!


な感じのすっこーん。と明るいサスペンスコメディ(そんなジャンルはあるのか)。

 

とにかく面白かった。

 







簡単に見られるもんじゃないこと知っといてこんなこと言うのは何ですが、


もう本当にこれは見たほうがいい!!!

 

光ちゃん18歳当時、私は10歳。

子供心にほんのりと「あのセンターパートはどうか」と思っていた覚えがあるんだが、



今見るともう全然OKね!


むしろ可愛いね!

 



ビジュアル的にも相当クオリティ高し!

 






以前コメントいただいた、利根川さま、タケちゃんさま、

終に見ることが出来ましたヨ☆


色とりどりのアロハ姿もバッチリ。

ちらほら流れる「ディスタンス」もよかったでつ。







ファンの繋がりというか、暖かさが心のそこから身に沁みた一件でした。


ちえさま、本当に本当にありがとうございました!


今後、なにか私にお役に立てれば是非!




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

以下、拍手お礼です。
たくさんの拍手、ありがとうございます。





31日、1:01にくれた方☆

orz ←腰砕け

初めて見ました!!(笑
若っ!
可愛っ!!www
化粧もそんなに濃くないのに違和感無いのがスゴい。

レトロにラヴリーですね!!www
白いワンピース狙いすぎですね!
本家より絶対可愛いですね!

お気に入りに追加しますw
拍手&コメント&素敵情報、とってもありがとうございました!
また遊びにいらしてくださいね☆
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
お久しぶりです。。
又お邪魔させてもらいました!!ナニワの光三郎見られて良かったですね(^^)茶倶楽さんの文読んで再びあの時の光ちゃんの姿が蘇ってきました☆★やっぱり光ちゃんは素敵です♪♪
タケちゃん 2007/02/03(Sat)14:49:52 編集
Re:お久しぶりです。。
わぁぁぁ(*>Д<)

わざわざコメントくださってありがとうございます!
見られましたよ~。
光ちゃんもう堪らんかわゆかったです!

今年は映像作品にも出演するという光ちゃん、またこんな役柄も良いですよねw
出来れば剛くんも一緒に…。

コメントとってもありがとうございました★
【2007/02/04 01:34】
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
Calendar
05 2018/06 07
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
Profile
管理人・茶倶楽の
プロフィール、
ブログについては コチラから。

メールはコチラへ。
web clap
KinKi Blog りんぐ
最新CM
[02/28 こむすび]
[10/05 さら]
[01/09 るか]
[01/05 葵]
[11/29 さくら]
最新TB
(10/03)
Counter
バーコード
ブログ内検索
忍者ブログ [PR]